SPEEDY’s CAFE @near Euston st. in LONDON



a0334233_17083368.jpg
(写真はwebサイトより拝借)

BBC「シャーロック」で使われている、シャーロックとジョンが下宿する「ベーカー・ストリート221B」の外観は、ユーストン・スクエア駅近くのノース・ガウアー・ストリート187番地で撮影されました。ここの1階にある軽食堂「スピーディーズ・カフェ」には、店内一面に撮影の様子の写真が掲げられています Byサイトより拝借


私は、今後4年余り、イギリスと日本を行き来する事になるので、5月から英会話に行きはじめた。
英語については、全く適当にやり過ごしてきた事実に直面し、勉強は苦悩に満ちている今日この頃。。。
彼の住む町は日本人は少ないし、
その他もろもろ、明るい想像ができない中に、
何か、イギリスに対して希望を抱けないかと思い、見始めたシャーロック。

シャーロック役のベネディクトカンバーバッチは、どこがカッコいいんだろう?と
不信感にも似た気持ちを抱きながら見ていたら、
結局、短期間にseason3まで見終え、最後には大FANになってしまった。
とにかく、ストーリー展開も面白いし、カメラ―ワークも芸術的です。

今回の渡英では、早速、撮影に使われているロケ地、"speedy's cafe"へ。

a0334233_18112320.jpg
きゃーーっっつ053.gifそのまんまっ
設定では、このカフェの上にシャーロックが住んでいる。

a0334233_18114766.jpg


サンドウィッチの想像膨らむ。

私たちは、早速中に入って、お食事をば。

入り口で食事をしていくと伝えると、好きな席について、と言われる。
メニューが運ばれてくるので、選んで、最後に出る時にレジでお支払い。
イギリスは、オーダー~お会計のスタイルが、お店によってまちまち。

a0334233_18343097.jpg



私が頼んだのは、典型的なイングリッシュブレックファースト。

a0334233_18343074.jpg


卵2つには面食らいましたが、ペロリ。
普通に美味しいのですよね、これが。

ちなみに彼のは、Speedy's breakfast.
盛り盛り!

お店の中には、シャーロックの撮影風景の写真で一杯。
利用客は、FANと思しき方々もあり、一般の方々もあり。
テイクアウトの方々も多い様子。

外に出て、
a0334233_18121199.jpg
シャーロックのおうちの玄関を撮影。
冒頭に張り付けた写真は、この前で撮影された風景。
玄関の番号は、撮影時は、ベーカー・ストリート221Bの ”221B” が、張り付けられる。

もちのろん、

彼らと同じ場所に立って、写真撮影をして。 

満足した次第♡
シャーロックホームズ博物館へ行った様子は後程。



[PR]
by shimamoyo28 | 2015-06-25 18:27 | イギリス*食べ物*。
<< 在英国日本大使館へゆく。 ヒースロー国際空港 >>