ローワースローター(Lower Slaughter )@コッツウォルズ

a0334233_07190170.jpg

アッパーから降りてきて、ローワーへ。
ここもアッパーに続き小さな町で、観光バスなどは入れないので、
ゆっくりとイギリスらしいかわいらしい街並みや風景を楽しめます。


a0334233_07185555.jpg



レストランなのかな?
エントランスに人が立っていますが、保護色にてわかりにくい・笑

a0334233_07262819.jpg




本当にいい時期にきました。
この町のどこかには、Cotswoldを愛したチャールズ皇太子とダイアナ妃のプレートがあるようでしたが、
今回は探せませんでした。次回のお楽しみにします^^

川に沿って歩きます。


a0334233_07190757.jpg



愛車と美しい風景を撮る人。わかります~お気持ちわかります~~♪





a0334233_07191141.jpg




川に入水して、出てきて戯れるわんちゃんの後ろには、羊s。
街にある自然な風景。


a0334233_07192361.jpg



水車小屋があります。
昔は粉ひき小屋だったようですが、今はお土産屋さんに。




a0334233_07192900.jpg


お土産屋さんの入り口にあった自然。 窓には、羊人形。


a0334233_07191951.jpg



これはイギリス全体に言えることですが、
歩いていて楽しい事の一つに、窓だとか、ドアだとか、
本当に可愛いのです。



a0334233_07332045.jpg



a0334233_07400702.jpg


a0334233_07401691.jpg


お家に対する格別の想いを感じます。
このあたりの住宅街は、白いドアが流行ってるのかな?

一般宅なので、玄関を撮るのはなかなか勇気がいりますが、
今後はドアというカテゴリーを作ろうかと・・・ 

a0334233_07330400.jpg




豊かだなあと感じます。
イギリスは地震も少なく、家が倒壊する恐れはないこともあり、
古い家に住むことがステイタス、みたいなところがあるようです。




a0334233_07331138.jpg


石垣の上さえも、お花が・笑


a0334233_07263560.jpg



家に薔薇を這わせるのは、
コッツウォルズでは当たり前かのようでした。


ささらに歩を進めると、
a0334233_07195525.jpg



マナーハウスです。
イギリスでアフタヌーンティーをしたいと思っていらっしゃる方は、
ティーハウスも良いのですが、マナーハウスでのATを絶対いお勧めします。

高いお金を出してするATは日本でもできますが、
歴史のある伝統ある建物でのATは、ここにしかありません。(といっても、私もまだしていませんけれど^^;)


a0334233_07402609.jpg


最後に小川の水面に映る太陽。

太陽と月は、世界中どこにいても同じものが人を照らします。

さて、これにてコッツウォルズの日帰り旅行は終わり。

今回行ってみて(連れて行ってもらって^^;)、
家から一時間半くらいで行けること、まだまだ周るところがたくさんあることなど、
いろんな発見がありました。

誰かが遊びに来てくれたら、ご案内したいところです。
というか。
その前に、車の運転になれなければー・滝涙


⋆コッツウォルズの旅⋆

バイブリー
ボートンオンザウォーター(食べ物編)
ボートンオンザウォーター(景色編)
アッパースローター














[PR]
by shimamoyo28 | 2015-07-08 07:51 | イギリス*風景*。
<< 和菓子店 青洋(ワガシミセ セ... アッパー スローター(Uppe... >>