人気ブログランキング |

<   2015年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

お勉強会。

a0334233_22321871.jpg
今日は、薬の勉強会ならぬ、弁当会、でした。

大体、日にちを決める時に、「お弁当のご希望はありますか?」的に
お伺いを立ててくださるのだけど、
美味しくないお弁当に、あたったことはなく♪♪

今回は、和。 梅の花さんのお弁当。

梅の花のお弁当は、本当に美味しーい♪。
いやらしい性格なので、美味しいものは最後までとっておく主義。

本日、最後の最後まで残しておいたのは、生麩田楽。
生麩LOVE♡ デザートの生麩まんじゅうで〆て、満足ー016.gif

一部、業界の裏話的になるけれども、

薬屋さんはプロジェクターを使って、薬剤情報を説明をしてくれるのだけれど、
最近の傾向としては、最初に自己紹介をされる。

経歴だとか、趣味だとか、プライベート写真などを載せたりして。

・実は離婚してから太ってしまい、今、××の薬内服中、
・実はアタック25で最終ステージまで残り、
素晴らしい景品をもらったことがある、
・実はロッカーで、週末は、東京・六本木のクラブで、
バンドのボーカルとして活動している、
・実は某大の研究室でHIVの研究をしており、
生計を立てるために一時的にこの仕事をしている、
・実は銀行員だったが、性分に合わず転職して現職にある、、、、

などなど、MRさん(くすりやさん)の数だけ経歴があって面白い。

今日のMRさんは、珍しく自己紹介がなかったけれど、

若い情熱に満ち満ち溢れている青年で、
鼻が詰まっているのに(多分、花粉症。)超滑舌がよかったので、
大学時代は、落研部とか、アナウンサー部に属していたとか、
そんな想像をしてみた。

肝心の薬の説明の方も。

既に使用し、処方している薬ながら、
各種、輝かしい実績データーを見せられ、
素晴らしい薬という事を再認識した。

まぁ、自社の薬を説明するに当たり、
美味しいお弁当を準備・提供し、
わざわざ悪い面の資料を作って説明する勉強会は、
永遠にないと思いますが。。。。

ご馳走様でした。大変おいしく頂きました。
午後は、多事多難に仕事を終え、
すっかりカロリーも消費できました・沈

むしろ、このお弁当を食べていたから
乗り越えられたんだろうなぁ~ 謝謝。



by shimamoyo28 | 2015-02-27 22:49 | 日々。

UK. 通り抜けハイドパーク(Hyde park)

ホテルから、ロンドン中心部へ抜ける時ハイドパークを通り抜けました。
ハイドパーク内には、故ダイアナ妃のお住まいで、
ヴィクトリア女王の生誕地でもあるケンジントン宮殿があります。

現在も、イギリス王室の構成員の方々が住んでいて、
新婚のウィリアム王子、ケイト夫妻もすまわれていたそう♡

ホテル側からの進入。

a0334233_18590638.jpg

のろのろを強制。パークだもの・笑


a0334233_19085374.jpg

少し歩くと、kensington Palaceのご案内。
「ようこそ」の文字も。

a0334233_19090418.jpg

ケンジントンパレスのcafe。
天気の良い日には、気持ちの良いCAFE時間を過ごせそう♪
進行方向に、大きく素敵なEnglish gardenがありました。
なんせ、冬なので、茶色一色でしたけれど、
春以降は、心奪われるお庭に変身する想像が楽しかったし、
来てみたいと思いました^^

a0334233_19180188.jpg

(↑photo by N.)
表側に周るとこんな感じ。でも、正門ではないっぽいなぁ。。
知識のない通り抜け散歩のため、パレスの敷地内には入らず前進。
帰ってきてから調べたら、惜しかった気もする^^;

a0334233_19102108.jpg


広大な土地を横切っているのだけれど、いろんな表情が見ることができ、楽しい散歩。

a0334233_19514961.jpg

鳥の姿もいろいろです~ 数も半端ないす~~~~

a0334233_19124606.jpg

サイクリングも楽しそう^^ 自転車もオシャレー♪

a0334233_19125871.jpg


飼い主を待つわんちゃんの姿がかわゆす♡
わんちゃんと人、たくさんいればいるほど、
公園の活気がUPして、彩る感じを受けました。

a0334233_19473555.jpg
RUNNERは多いですね。
寒かったけど、半袖短パンで走っていらっしゃる方も。

a0334233_19134409.jpg
公園を抜け終わる手前で見かけた素敵なカフェ。
この近所に住んでいたら、ここで軽食を買って、公園内で食べたいな。
あ、水際近くは、鳥に狙われるから気をつけないとだけど^^;

「晴れた日に 歩く姿を想像し 気持ちも上がる ハイドパーク」
お粗末な一句ながらも、この一言に尽きるのです。

でも、イギリスの変わりやすい天気の中、降られなかっただけでも
ラッキーでしたけれどね?^^;

by shimamoyo28 | 2015-02-26 20:02 | イギリス*風景*。

泰興楼の餃子@八重洲本店

天龍の餃子を腹9分目程度で終えた私たちは、
次なる餃子を求めて、八重洲口方向へ。

歩いているうちに、さすが、中国4000年の技、
胃の中で、天龍の餃子の皮の膨張を感じる。。。

ほどなく到着(正直、もっと歩いて消化したかった^^;)

お店は、泰興楼

ここでは、おなかの具合から言って、1皿をシェアしようという事になり。

a0334233_23103724.jpg
一皿6個。

大きさは、天龍より、若干小ぶり。でも、12センチは軽い。
充分なジャンボ餃子。

さて、一口頂いてみると。。。

先程の天龍とは、見た目は、そう遠くないものの、
しっかりお味の違いを感じる。
先程より、味わいは深いのかもしれない。
餡の旨味をしっかり感じる。

皮は若干薄め。
焼きは、こちらも、パーフェクトに私好み^^

3個だけど、こちらは普通のいつも食べる餃子の×3、位の、パンチを胃にくらわせてくれた感じ^^;

食べ比べをして、
どちらが好きか聞かれたけど、
どちらも、甲乙つけがたい、東京にしかないお味に思えた。
餃子の街と言われるわが街にも、確かに、あの様な餃子は存在しない。

東京のお味は、とにかく、胃にも心にもパンチをくれた素晴らしい、餃子ないと♡でした^^

また、餃子王のアテンドの元、
食べくらべしたい♪♪




by shimamoyo28 | 2015-02-23 23:26 | in 東京。

天龍。@東京都中央区銀座

冷凍食品会社に勤める友人を、心の中でひっそり「餃子王」と呼んでいる。
こちら、冷凍餃子の開発から、王将餃子から、地方、いやいや、世界各国(主に中国)の
餃子事情に通じている。

ある時、私は餃子王に
「今夜は、餃子のたべくらべをしたい」というと、餃子王がまず連れて行ってくれたのは。

a0334233_23095924.jpg

天龍

餃子王が言うには、
一個が大きいので、
最低の量は、「餃子8個だけれど、4個づつでいいと思う」という。

こちらは、お昼ご飯も食べてないしね、
餃子は本気で大好物ですしね、
そうそう来れるところでもないのでね、

と、胸の内を素直に伝えると、
もう一軒連れて行きたいので、と、お店の人を呼び、

「すみません、12個ってできますか??」と聞いてくれて、
店員さんも即OKのお返事をくださり。
しばし待ち、出てきた餃子は。

a0334233_23100596.jpg
口に入れ一口噛みしめる。。。

おいしーーーーっっ!!!!053.gif
食べたことのない厚みのある美味しい皮、ジューシーな肉汁滴る具。
焼きも私好みですーー。この厚さなら、このくらいの焼きが、一番しっくりきそうです。
なんて最高なんでしょー・滝涙

a0334233_23103181.jpg

そして、餃子王のおっしゃる通り、
皮が厚く、一個の餃子が「お食事」なため、
一個の餃子に私が普段食べている餃子の4倍のパンチ(いつもの餃子24個相当。)があったのは事実。

だけど、そこは私も負けません。

6個の割り当てをぺろりと平らげ、あと2個行けるかもくらいのおなかの余裕を残して、
次なる餃子店、八重洲方向へ。

それにしても。

頭を小槌でおもいっきりたたかれたくらいの
衝撃と感動がありました。

今年中に、もう一度、再訪を誓ぅー!!

次なるお店につづく。





by shimamoyo28 | 2015-02-23 23:11 | in 東京。

Rama l organic cafe &shop @静岡

a0334233_21050795.jpg

このドアの向こうに、
丁寧で、
優しくて、
確実に美味しいお食事がある。

a0334233_21063054.jpg

季節の和膳、1300エン。
立ち上がって、撮っているのだけど、気が早って、
iphoneとお膳が並行でない^^;…永遠の課題。。。


デザートの豆乳プリンは、

a0334233_21085730.jpg

わらび粉で作られた、絶品プリン。

この日は、隣のテーブルは、
東南アジアの方々を交えた、英語空間だった。
みなさん上手にお箸を使われて、
お召し上がりになっていた。

器もお料理も、
日本の美しさや技をご紹介するに
ふさわしいお店チョイス!

そして、

隣りのテーブルのおこさん(推定小学2年生くらい)は
「すみませーん。ごはんのおかわりくださーい!」と調理場に向って叫んでいた。
おいしいご飯のおかわりは、FREEDOM.

おかわりしたくなる、ご飯の美味しさもまた魅力。


また行きたいです。





by shimamoyo28 | 2015-02-22 21:03 | おでかけ de ごはん。

UK. イングリッシュブレックファースト@Coco Momo Kensington

一度食べてみたかった、イングリッシュブレックファースト。

お店は、またもや、行き当たりばったりなcafe。でも、オシャレ。

a0334233_21101766.jpg

玄関に、「トリップアドバイザー」 のシールを見かけると、
リサーチ不足で、正体の知れないレストランであっても、ちょっと安心^^
写真もOKなお店でもあるし^^ 
こちら、突撃であったにもかかわらず、後の調べによると、
評価もいいお店で、私も☆5個、つけたいお店です。

まずは、ドリンクをオーダー。
私は、チョコレートドリンクを。

a0334233_20490497.jpg
写真ではわからないかもですが、、、、、でかぃっ!
まさに、私好み~♡ これでこそ、イギリスのカフェって感じがします。

余談ながら、このmug lifeというブログタイトルですが、
私は、前回の訪英時、その滞在中の中で印象に残っていることって、と聞かれたなら、
「cafeのドリンクの大きいこと!」をあげます(もちろんほかにもあるけども^^;)

今の日常でも、大きなマグカップに、
たっぷりのドリンクを注いで頂くのが大好きです。

そのmug lifeスピリッツの発祥が、イギリスcafeでのドリンク体験であるからして、
期待を裏切らずの「やったー!!!」mag♡

しかも、迫力の、ごまかしなしの、cocoaす♡♡

ドリンクは、cocoaを頼んでしまったため、
イングリッシュブレックファーストは、重いと残しちゃうかもな、と、思って、
菜食主義でもないのに、vegan plateにしてしまいました。

「しまいました」、というのも。

a0334233_20494799.jpg


↑これ、私のプレート。
次のは、彼のプレート。


a0334233_20490725.jpg

しまったー@一度食べたいと思っていた、イギリスのソーセージがぁ~~~~
私のにはのっていないぃ~~~~~~025.gif

私の方は、ソーセージ風ポテトをどうにか調理したもの、だったのですぅ@

ただ、

見た目、椎茸ちっくな、ジャンボマッシュルームは普通に美味しく。
その上の焼いたトマトの存在感は、なぬ?状態ではあったものの、
ビーンズがとても美味しく。どんどん食べちゃうほど美味しく。
That'sイギリスな食感のよいパンも、とても美味しく。
惜しげもなくついてくるバターをたっぷり塗って、完食。

パンとチョコドリンクの口内ハーモニーも、最高でしたなぁ♡

よく、イギリスのお食事についてはいろいろ言われますけれども、
こちらは本当に美味しく頂けました!

おいしいイングリッシュブレックファーストを探求しつつ、
自分でも作れるようになれたら、サイコーだな^^

作れるようになっても、

トマトは、決して焼かないことを、心に誓って。。。





by shimamoyo28 | 2015-02-20 21:20 | イギリス*食べ物*。

UK. 急ぎ足のNational Gallery。

a0334233_18572282.jpg
トラファルガー広場をぬけて、ナショナルギャラリーへ。
基本、イギリスの美術館は特別展示以外、無料です。お気持ちがある方は、
エントランスのBOXへ。

私は、美術館は好きだけど、好きな画家や好きな絵はあるけれど、
語れるほどではなく。

ロンドンに行ったなら、
「前回行けなかったナショナルギャラリーにいけたらいいなぁ~」くらいの
灯火な心意気であったけれど、実際行けて、とても嬉しかったです!!


取りあえず、感性のレベルだけで大好きな、


a0334233_19002516.jpg
ピエール・オーギュスト・ルノワール
絵は「カスタネットを持つ踊り子」。

ルノアールの描く女性は、みんな温かい表情をしていて、幸せな気持ちになれるので好きです。
a0334233_19334570.jpg
同じくルノアールの「小舟」。
やっぱり、印象派は心引きつけられていつまでも見ていたくなるなぁ・・・
ルノアールの絵をたくさん貯蔵している、パリのオルセー美術館には、「もう一度行きたい熱」再燃。


同じく印象派の、

クロード・モネ

a0334233_18572741.jpg
誰もが知る、「睡蓮」。
心の中に、ミドリの明るい蓮の池が広がります。

a0334233_18582860.jpg
同じくモネの、「サン・ラザール駅」の絵については、
ここで見れたことに、大変感動。

この、サン・ラザール駅、の、到着バージョン
(サン・ラザール駅の到着→ロンドンのナショナルギャラリーにはない。)は、
私が中学生の頃に、美術の課題で模写を試みた作品であり。

もちろん、模写は、
全く違う駅で、全く時代が変わってしまった絵
になった事実はあったとしても(撃沈)、

私の中では、大変思い出深い絵なので、
この絵の前では、しばし、"その頃の絵心はどこに行ってしまったのか"、
など、考えても意味のない事を考えながら、
他の絵よりも、ちょっと多めに滞在しました。

このほか、妙にひきつけられたのが、

a0334233_18581853.jpg
こちらの点描。
ジョルジュ・スーラ の物と思い込んでいたのだけれど、
どれだけ調べても出てこないですが、、、、あれ?^^; 

a0334233_18595005.jpg
絵画以外に、とても気を取られた「額装」。

と。

絵画以外に、とても気を取られた、、、、

a0334233_20073656.jpg
「素敵なお二人」。
この空間では、ある意味、この美術館の引き立て役(といっては、美術館に失礼ですが^^;)
でしたわぁ。

この日は見かけませんでしたが、絵を模写する美術家さん(の、たまごさん)
などをお見かけすると、
この美術館(ヨーロッパの美術館)の本当の意味での大きさを思います。
写真撮影も大丈夫ですしね(とはいっても・・・だからして、マナーを守りたいですね^^)

タイムリーにも、これから、静岡でも、こんな映画が!上映予定。4/4~。
見に行きたいと思っています。3時間、寝ないでいられるかは、
もちろん、自信はありませんが^^;

こちらの美術館、やたらと急いでまわって、
周りきってなくって、
ゴーギャンもゴッホも見逃しているんで^^;、
また行きたいです。

あ、WEB上でも、館内のツアー(オンラインツアー。お気軽に回れます^^)できます。







by shimamoyo28 | 2015-02-19 20:14 | イギリス*風景*。

UK. バッキンガム宮殿からナショナルギャラリーへ。

衛兵交代を堪能し、満足して、今度はナショナルギャラリーへ移動。

バッキンガム宮殿を後にして、The Mall(ザ マル)という通りを真っ直ぐ行くと、
トラファルガースクエアに出ます。

a0334233_20540434.jpg


移動途中、馬ポリスに遭遇。
恐る恐るお馬さんに触りましたが、もちろんお利口さんで、微動たりともしません。
とまっているときには、触らせてくれます。

右手には、セントジェームスパーク。

a0334233_20544030.jpg

鳩大群と、よくみるとリスちゃんが♡
帰ってきてから調べたところによると、パーク内の生物は、相当人間慣れしているようです。

a0334233_20545008.jpg

時々振り返ってみると、だんだんと宮殿が遠くなっていく。。。

a0334233_20550057.jpg

アドミラルティアーチ。 1911年にビクトリア女王を 称えて造られた門との事。

a0334233_20551277.jpg

アーチが素晴らしく、門なのに圧倒されます。
これがたてものになっちゃったら、それはそれは、圧がかかります・笑
この門は、トラファルガー広場への入り口というよりは、
宮殿にむかたった時のエントランスかもですね?

a0334233_20551901.jpg


ここを抜けてまっすぐ歩くと、

a0334233_20553139.jpg

トラファルガー広場に到着。

最初に目に飛び込んでくる、美しい噴水

a0334233_21301998.jpg
の中にいらっしゃる、あなた何者!???
(photo by N)


小さい情報ではありますが、
ナショナルギャラリーを正面にして立ったとき、左手にTOILETがありますが、
綺麗で使いやすいです。
一列に並び、先頭の方から開いた所(空いている所)へ入る式です。
a0334233_20554220.jpg
そのTOILETの左側に存在するモニュメント。
相当に、、、、、、蒼っ
どうやら、2015年中は、いらっしゃるとの事。

美術館側からみたスクエア。

a0334233_20562553.jpg
多分、ここができた時から、
変わらない風景なんだろうなぁ、、、、と思いながら。

いよいよ、ナショナルギャラリーへ。

まだまだまだまだ、続く。。。。



by shimamoyo28 | 2015-02-15 21:36 | イギリス*風景*。

UK. Portobello Ristorante Pizzaria @nottinghill.

nottinghillでのお食事(歩き回って、ランチを食べそこなっている状態)は、
「ここいいんじゃない?」的に決まった、イタリアン、Portobello Ristorante Pizzeria で。

知らない地でお店を選んで入るのは、一種、大きなかけであるけれども、
総じて、今回の旅では、彼の いちばち選択 のレストランは、全て当たりだったように思う^^
ありがたや~♪

a0334233_21070427.jpg
メニュー選択は、彼に任せて。
ピザについては意見を言ったかもだけど(一枚で2種類楽しめる的な)、如何せん、お腹がすき過ぎたため、
通常も、海馬がないのでは?と言われている頭の私では(ひどぅぃ~015.gifけどあたってる042.gif)、
いまさら全くその時のことを思い出せない^^;

取りあえず、彼チョイスなワインを頂き。
サーブされたお水もお洒落。(ワイン&パン写真はBY,N。)


a0334233_21080174.jpg


ラビオリの中身はお魚の白身だったけれど、
とてもとても美味しく、
 

a0334233_21062938.jpg


そして、写真からは想像できないかもしれないけれど、
一個がなかなかボリューミー♪
でも、美味しくて&大きくて、
だなんて、おなかがすき過ぎな私たちには最高のサーブで、ぺろ、っと♡

ソースは、出てきたバケットで拭っていただきます。
a0334233_21075540.jpg

炭水化物×炭水化物×炭水化物。
ハイカロバンザイ。


三つ目の炭水化物なピザは、

a0334233_21065308.jpg

でかっ!!!

のHPと、食べた記憶を照らし合わせてみると、
このピザの正体は。

Mascalzone

写真のピザの右の方が、ロケット部分で、
左側が、カラブリア地方のサラミ部分。

これがまた、パンチの利いた量で!!
入っているチーズ量が半端ない、美味しいチーズを惜しみなく使っているーーーっ!!!053.gif

おかげさまで、恐ろしく幸せに満腹になりました。

オーダーする時、彼が1mのピザにするか、この大きさのピザにするか聞かれたようだけど、
HPで検索したら、1mのピザを頼んで食べていたら、
途中で意識を失ったことと思う・・・
1mのピザは、多くの人と楽しみを分かち合う時に頼んだ方がよさそうだ。。。^^;


a0334233_21072013.jpg
このお店のスタッフは、みんなイタリア人のようだった。

この日は、私たちの入店が遅めであったこと、12月31日だったことも手伝って、
私たちが食べ終わる頃に、
厨房内では、みんなワインらしきグラスを片手に乾杯していた。

イタリアーナな、幸せな風景だった^^

a0334233_21081477.jpg
お店の玄関のシール。
お店の評価に値するシールがたくさん張ってあった。

またノッティングヒルにいったなら、
もう一度行ってみたい、美味しく気持ちのいいレストランです。





by shimamoyo28 | 2015-02-06 21:59 | イギリス*食べ物*。

菜食cafe KURIYAさんでランチ。@浜松

今日は、仕事帰りに友達と待ち合わせてランチを。

a0334233_15073211.jpg
KURIYAさん、、、なかなか分かりにくい・笑
この看板を見つけて、ほっ。 
漢字で書こうと思うと、変換されず、
一時はやっていたギャル文字とするしかない・・・「木厨」。。。 
ギャル文字文化もどこかに行ってしまいましたが、ある意味、高度な文化です。。。

で、頂いたお料理は。

a0334233_15173135.jpg
2月のプレートメニュー。
内容は、

a0334233_18292228.jpg
飛竜頭、ってなんだ?
なかなか物を聞くのも恥ずかしい年になりましたが、思い切って聞いたところ、
「ひりゅうず」と読み、がんもどきみたいなものと聞き、食べてみたくなりました(*飛龍頭とは*)。
かえって来て調べてビックリ!まさかの、「がんもどき」が、ポルトガル由来の物とは!

今日は新しい発見が多々。

ごはんが、酵素玄米という物でした。
私は、マクロビのその走りの頃、玄米を食べていましたが、
行き着くところ、食の目的は私にとって、「痩せるためのものか、それとも、美味しく食べるのか」という、
究極問題にいきつき「美味しく食べる」方に、流れた のでした^^;

酵素玄米は、お豆が一緒に炊かれており、
かつて味わった、「玄米のたのしくなさ^^;」、みたいなものは感じられず、
むしろ、とても味わい深く美味しかったです。
帰ってきて調べたら、かつてキムタクの発言により、人気が出たそうですね?(最近??)

食後は、

a0334233_18295356.jpg


こんなものを見てしまったら、食べる意外に選択肢があるのか!?

a0334233_18294038.jpg
友達はプレーンを、私は、ドライフルーツ入りを頂きました。

体に優しく、美味しいランチでした^^

とにかく思うのは、このブログをはじめてからというもの、本当に物知りになります、、、、
全て、帰ってきて調べてからのupなので、時差は生じますけれど・・・・^^;

ブログに向う時間は、好きな時間です、AGAIN.



by shimamoyo28 | 2015-02-05 18:49 | おでかけ de ごはん。